interview_oyama
オオヤマ"Clutch Hero"アキラさん Clutch HeroはPokerStarsで「super nova」の称号を持つオンラインポーカープロで、 WSOP circuitでも優勝するなど素晴らしいキャリアの持ち主です。 現在22歳で日本人ポーカープレイヤーとして世界での活躍が期待されています。

主な戦績

2012年 MPC Deepstack 3位 $4,720

2012年 APPT Deepstack 10位 $ 1,441

2012年 MPC Side Event 6位 $ 2,823

Online Total Won $733,544


Akira Oyama

-- PokerStarsで活躍されている「Clutch Hero」にインタビューすることが出来ました --

-- ポーカーは何処で覚えましたか --
ポーカーはアメリカ東海岸の大学で覚えました。一緒に住んでいた寮の友達が学費を稼ぐためにやっていて、 その人はプレーを始めた1年で6万ドル稼げて、そのあとドンドンと稼いでる金額が上がっていたんです。 それを見ていてボクもポーカーに興味を持ちました。 それで、そんなにポーカーが儲かるなら教えてくれと頼んで教えてもらいました。 ゲーム自体はそんなに難しくなかったし、ルールだけなら1時間もかからなかったです。 ちょっとドキドキしながら、最初の$40を入金してみました。 それが夢みたいな話なんですけど、3年間で30万ドル以上になりました。

 

-- ライブポーカーはやっていたんですか --
アメリカにいる頃は、21才未満だったのでラスベガスに入れなかったが、去年やっと入れるようになったので、アトランティックシティのカジノへ行きました。そこで、ライブトーナメントをプレイしたのですけど、 初めてのライブトーナメントですが、WSOP Circuit BuyIn$300 賞金 $30000で優勝できました。 凄く嬉しかったです。いつもはオンラインでポーカーしていたので、パソコンの前で一人でプレイしていました。 ライブトーナメントは相手の表情が見えるし、同じテーブルの人の声や息遣いまではっきりと聞こえます。 自分のアクションに同じテーブルのプレイヤーが、すべて注目してきてコールするだけでもドキドキしました。 自分のアクション中にチップを触るだけでも、全員からの視線が手元に集まるし、右のプレイヤーの顔を見ると相手も見返してきます。応援されてる声も背中越しに聞こえて、とても楽しかったです。



Akira Oyama

-- オンラインポーカーとは --
若い人達にもっとオンラインポーカーをプレイしてもらいたいと思います。 オンラインポーカーって少ない金額で始められるので、初心者や学生向きだと思います。 参加できるイベントは10円や20円しか使わないポーカートーナメントも数多くあります。 日本のゲームセンターで麻雀やビデオ・ゲームをプレイするよりも、はるかに安い金額で ポーカーをプレイすることが出来るので、そこでいっぱい練習して、その中からドンドンと勝ち組が出てきて、資金を貯めてレートを上げて高額賞金をとるプレイヤーが日本でも出てくると思っています。 ボクは最初の$40(4000円)だけで$30万(3000万円)になりましたけど、本当に少ない資金でチャンスを 掴むことが出来ます。 日本で『PokerStarsTransfar』というサービスがあるそうですが、そういうサービスがもっと一般的になると、色んな人が参加しやすくなって、ポーカーに接する機会が増えるので良いと思います。 ポーカー自体はすごく面白いゲームですから、日本での普及も時間の問題だと思います。 その時間軸を速めるためにも、オンラインプレイヤーにスポットを当てて取り上げて行って欲しいです。

 

-- 若いプレイヤーへ向けて --
オンラインポーカーはビデオゲーム感覚で出来るし、とてもお手軽だと思います。 ポーカーで勝っていく感覚は、ビデオゲームの中のスコアが少しづつ増えていく感覚に似ています。 最初はポーカーで勝ってポイントが増えていくことが、凄く嬉しかったです。 最初に4000円を入金して$40のポイントが貰えるのですけど、それが少しずつ増えていって $100になった時のうれしさを今でも覚えています。 これって$40が$100になって$60儲かったって事よりも、ポイントが2倍以上になったことが嬉しかった。 ゲームのスコアが少しづつ増えて行く感じです、次の目標は$500、そこまで行ったら 次は$1000っていう具合に増えて行きました それからある時に、溜まっていたポイントをお金にしてみた時に初めて気が付きました。 「あれ、車が買える…これって、お金だったんだと」 学生だったので、生活費や遊ぶための資金になりました。


shinbunshi
Clutch Hero

-- Pokerpage.jpと言うポーカーサイトを「shinbunshi」と一緒に立ち上げる予定ですが、 彼との出会いはどんな感じだったのでしょうか --
shinbunshi」の事はオンラインのサイトで知っていましたが、最初は「shinbunshi」が日本人だと思わなかった。 あるときPokerStarsで日本のトップ10プレイヤーが呼ばれて初めてバハマで行われる ワールドカップのオンライン選考会で戦ったんです。 その時に「shinbunshi」とぶつかって負けました。対戦してみて凄く強いプレイヤーだなって印象を持ちました。それからはいつもshinbunshiを意識していたし、彼の1日の成績とか毎日チェックしていました。 僕達みたいなオンラインプレイヤーは相手の結果が、web上で簡単に見れるのです。 そして、2012年のはじめにマカオで「shinbunshi」本人と初めて会いました。 そこで意気投合して、日本にポーカーを普及させようと「Pokerpage.jp」を作ることを決めました。

 

-- WSOPに向けての抱負をお願いします --
すでにWSOPのCircuitで優勝してるので、つぎは本番のWSOPでブレスレットを狙っていきます。 PokerStarsでは無料や低レートのトーナメントが多数用意されています。 「Clutch Hero」の様なチャンスを掴めるかも知れません。 気軽にダウンロードしてみて下さい。

 

インタビュー:ばらお(akibaguild

マカオ ビリオネア ポーカー