テキサスホールデムの遊び方

基本ルール

     
  • 使用カード
    52枚のカードを使用。ジョーカーは入らない。
  •  
  • 手札
    各プレイヤーに、ホールカードと呼ばれる2枚の手札が伏せて配られる。
  •  
  • 参加料
    ブラインドベット。
  •  
  • ブラインドベット
    ホールデムでは、ブラインドベットを採用しているのが一般的。ブラインド1-2というルールの場合、ディーラーボタンの左隣の人がチップ1枚、さらにその左隣の人がチップ2枚を、手札が配られる前に強制的に賭ける。
  •  
  • 共有カード
    ゲームの進行につれて、コミュニティカードと呼ばれる共有カードが全部で5枚、場に開かれる。
  •  
  • ベットラウンド
    ホールデムでは、ベットラウンドは4回。
  •  
  • アクション
    各ベットラウンドでは、以下のアクションのうち1つを選択。
    ・チェック・・・・賭け金の上乗せをしないこと。
    ・ベット・・・・・・賭け金の上乗せをすること。
    ・フォールド・・ゲームを降りること。
    ・レイズ・・・・・・他プレイヤーがベットした後、さらに賭け金の上乗せをすること。
    ・コール・・・・・・他プレイヤーの賭け金と同額を出すこと。
    ・オールイン・・自分の持ちチップを全て賭けること。
  •  
  • ゲームの進行
    以下の手順でゲームは進行。
    ・各自に手札が2枚伏せて配られる。
    ・ベットラウンド1
    ・フロップ(全員に共通のカードが3枚)が開かれる。
    ・ベットラウンド2
    ・ターン(全員に共通のカードが1枚)が開かれる。
    ・ベットラウンド3
    ・リバー(全員に共通のカードが1枚)が開かれる。
    ・ベットラウンド4
    ・ショーダウン

  • 勝敗
    それぞれのプレイヤーは、2枚の手札と5枚の共有のカード、合わせて7枚のうちの任意の5枚を選択して役を作る。出来た役の強弱で勝敗が決まる。
    (選択しなかった2枚は勝敗に影響無し。)

ポーカーハンド(役)

  • ハイカード
    ハイカードをもつ者が勝者

  • ワンペアー
    同一の数字が2枚ペアのカード(残り3枚は何でもよい)

  • ツーペアー
    同一の数字が2枚ペアのカードが2つ

  • スリーカード
    同一の数字が3枚のカード(残り2枚は何でもよい)

  • ストレート
    5枚のカードが連続していること(マークは何でもよい)

  • フラッシュ
    5枚全てが同じマーク(数字は何でもよい)

  • フルハウス
    ペアー組とスリーカード

  • フォーカード
    同一の数字が4枚のカード(残り1枚は何でもよい)1

  • ストレートフラッシュ
    ストレートかつフラッシュ

  • ロイヤルストレートフラッシュ
    10・ジャック(J)・クイーン(Q)・キング(K)・エース(A)の組み合わせでかつフラッシュ

※順番は弱い順

基本的なマナー

  • チップを投げない
    ポットにチップを投げてはいけない。いくらベットしたのかディーラーが判別できないからである。ポットにチップを追加したい時は、自分の目の前にきちんと置けば、ディーラーがカウントしてポットに入れてくれる。

  • ストリングベットはいけない
    ストリングベットとは何回にも分けてベットする事である。もしこれが許されるなら、卑怯なプレイヤーはベット後、相手の顔色を見てもう一度ベット出来ることになる。初心者は無意識にストリングベットをする事がある。それを避ける為にも"レイズ"と発声する癖を付けるのが重要。発声すればチップを出した後でもスタックからチップを取り出しベットする事ができる。

  • ハンドについての会話は厳禁
    プレイ中に何を持っているか言葉や体で表現してはいけない。故意的にストリングベットをするのと同じで、相手から情報を得る目的と受け取られる為である。また、自分が参加していない時にハンドの話をするのは、もちろん厳禁である。

  • ショウダウンの要求を直接してはならない
    他のプレイヤーにショウダウンの要求は出来るが、それを伝えるのはディーラーの仕事であり、頻繁ハンドを見せろと要求するのは良くないエチケットである。

  • アクションは自己責任
    ポーカーテーブルにおいて、全てのアクションの責任は個人にある。どんな事が起きても、ラッキーでもアンラッキーでもディーラーのせいにしてはいけない。

  • カードのプロテクト
    ハンドに参加していれば、間違ってハンドを捨てられないようにカードをプロテクトするべきである。カードの上にラッキーコインや小物、恋人からのプレゼント等を置く人もいる。

  • 故意的に身振り手振りを使ってはいけない。

  • 故意的にゲームの進行を遅らせてはいけない。

  • ゲーム中に会話をしてプレイヤーの邪魔をしない。

  • 誰かがオールインしている時に“チェックダウン(リバーまでチェックでまわす事)”をしようと口にしてはいけない。

  • カードを見る時、他の人に見えないように手でプロテクトする。

  • 常にカードはテーブルの上に置いておく。

  • ショウダウンの際にはカード2枚とも見せる。

  • フルレイズに満たないショートオールインは全てコール扱いとなります。
World Poker Tour