interview_mochihiro

“ばかつえー”イケメンポーカープレイヤー!
もちひろさんインタビュー!


第11期を迎えたSPADIE FINALにて、見事488名の頂点に立ったもちひろさんにインタビューを行いました!
もちひろさんは、静岡をメインに活動しているプレイヤーで、ジャパンオープンやWPT Japanなど多くの広域トーナメントで上位入賞経験があります。



▲SPADIE FINAL season11の優勝写真。多くのプレイヤーが優勝の瞬間に立ち会った。



【上位入賞経歴】
2016年
   11月 JOPT11NAGOYA MAINEVENT 1位
2017年
   4月 JOPT12NAGOYA NIGHTSTACK 1位
   5月 戦国ポーカーツアー2017 MAINEVENT 4位
   10月 JOPT13TOKYO MAINEVENT 8位
   11月 WPT Japan 2017 WPT100 1位
2018年
   4月 SPADIE FINAL season9 SIDEEVENT 3位
   9月 WPT Japan 2018 WPT250 2位/WPT Japan 2018 WPT150 2位
   11月 SPADIE FINAL season11 MAINEVENT 1位





◆連続2位を経て、久しぶりの優勝!

Karen:優勝おめでとうございます!まずは優勝した感想はいかがですか?

もちひろ:優勝が決まった瞬間は安堵しました。HU開始時のチップ差が大きかったので、これで負けたらダサいなと(笑)最近は大きい大会で連続2位だったので周りからは2位になるのを期待されてた感じがあったけど、やっぱり久しぶりの優勝は嬉しいです(笑)

Karen:そうでした…9月に開催されたWPT Japan 2018では、WPT250とWPT150という2つのイベントで2位に入賞して、1日で2つの銀メダルを獲得されていましたね…

もちひろ:あれは奇跡だね(笑)WPT250は2Dayイベントで、Day2に残って、FTに残って、HUになって…HUが終わった時間が、ギリギリWPT150のレイトレジストに間に合う時間だったもんで出てみたら、とんとん拍子でHUになって。(トロフィーを)取れそうな雰囲気だったけど、相手が藪内さんとは…(笑)本も読まないし、オンラインもやらないから、HUは練習しようがなくて難しいです。



▲「一番盛れてる」今回の写真。 ▲準優勝だったWPT150。HUの相手は藪内さん


Karen:あれも記憶に新しい印象的なHUでした…さて、今回のSPADIE FINALではDay1を静岡で通過されていますね。静岡と東京の違いは感じますか?

もちひろ:静岡だとほとんどのプレイヤーのプレイスタイルを知ってるもんで、トーナメントの序盤から勝負ができるかな。東京だといわゆる“UNKNOWN”が多いから、情報収集が必要になる。最初の方は相手のアクションを見るためにポットを膨らまさないようにしたり、勝っていると思ってもコールで止めたりするから、結果的にバリューを取りそびれたりしますね。

Karen:では、Day2はどうでした?

もちひろ:静岡のDay1をチップリで通過できたので、Day2のスタートは余裕でした。残り8人でハンドフォーハンドになった時も俺の卓ではチップリで、隣のテーブルにショートのプレイヤーがいたので、それを利用して同卓していたカズヒロさん・リョウさんにプレッシャーを掛けて、イジめてました(笑)そこでチップを増やしてFTに臨めたのは良かったです。
  FTで印象に残っているのは残り4人の時。SPADIE FINALは3位と4位でプロ契約内容がまた一段と変わるから、みんながそれを意識したプレイになっていた。その時も俺がチップリだったから、バブルファクターを利用してプレッシャーを掛けるような強いプレイを多くしたら、A6<KK、AJ<K2、Tx<QQと全員に連続でポットを落とし、突然流れが悪くなって…スタックとしてはまだ戦えるとも思ったけど、88とAKでぶつかった時は絶対に負けるパターンだと思ったよね(笑)実際はそのまま抜けて、4位が決まって…あのハンドが一番の山場だったかな。
  あとは、その後の3人の時、りょうすけさんの応援団の盛り上がりが尋常じゃない(笑)りょうすけさんにAI要求とかするとまるで俺が悪者みたいで(笑)アウェー感はあったけど、りょうくん(JOPT14GF準優勝)や梶くん(OCEANS11のオーナー)が応援してくれたし、カズヒロさん(今回6位。前回大会でも4位入賞)も毎回最後まで残って応援してくれるから嬉しいよね。




▲「一番の山場」と語る88>AKのシーン。ショートと均衡するほどにスタックを減らしていた。りょうすけさん(左)の「応援団」も見守っている。





◆静岡勢から学んだ「素直な向上心」。

Karen:なるほど~静岡勢の応援が優勝の一因でもあるんですね。ところで、もちひろさんがポーカーを知ったきっかけは何ですか?

もちひろ:麻雀友達のbearさんに勧められ、ブラックジャックやバカラを遊んでいたOCEANS11でポーカーデビューしたのがきっかけです。そこからハマって今では毎日のように通ってます(笑)ポーカーはハンドを見る瞬間が最高に気持ちいい(笑)AAが来た瞬間の気持ちよさとか尋常じゃないよね(笑)だからオンラインは全然やらないし、その緊張感がライブならではの良さかな。

  その1年後のJOPT11NAGOYAで優勝して、やめるにやめられず(笑)これは自分に限った話じゃないけど、優勝をきっかけに自信がつくのか、強くなる感じがありますね。それまでルースだったのを、スギッチョ流のタイトなプレイに変えました。

Karen:スギッチョさんというのは?

もちひろ:俺にポーカーを教えてくれた、ポーカーがめちゃくちゃ上手いOCEANS11の店員です。基本的な知識に加えて、アジャスト、ハンドリード、ヒューマンリーディング、洞察力がすごくて。今でも大会で悩んだプレイは全てスギッチョに相談しています。自分はもちろん、りょうくん・かずひろさん・you(今回のサイド優勝)もみんなスギッチョに育てられてます。本人は広域のトーナメントには出なくて、少し変わった人だけど、ものすごく尊敬できるプレイヤーです。OCEANS11に来たら会えますよ。
  俺が人から教わったのもあるけど、ポーカーで上達するには人のアドバイスを素直に聞き入れる向上心が大切だと思う。最近は人からプレイについて質問されることが増えて、答えるんだけど「いやでも…」って言う人は伸びない。SPADIE FINALの打ち上げでコウくん(今回7位入賞)と話をして、彼は上手いプレイヤーだと思うけど、更に俺の意見をよく聞こうとしてくれた。少し結果を出したプレイヤーは自分のプレイを肯定したくなりがちだけど、彼は勉強熱心だから、まだまだ伸びるんだろうなと思った…けど、これは上から目線っぽいからカットで(笑)まぁ、それ含めていろんなプレイヤーが居るからポーカーって楽しいんじゃないかな。



▲打ち上げでの1枚。熱いポーカー談義と友情が育まれる。インタビュー中に登場するyouさん・カズヒロさん・コウさんも参加していた。





◆ポーカー界隈のイケメン枠として…

Karen:話は変わりますが、もちひろさんと言えばポーカー界隈きってのイケメンとして知られていますよね。イケメンのおかげでポーカーで得をしたことはありますか?

もちひろ:あるわけないでしょうよ(笑)ポーカー以外ではあるけど(笑)でも、35歳にもなってイケメンと言ってもらえるのはありがたいかな。kingさんとかずるいよね(笑)覇気とかオーラがすごい。コールしたくないし、ブラフするのも恐れ多いくらいの雰囲気で…kingさんレベルになると得なんじゃない?

Karen:あと、バナーになるコツと、ファンクラブ設立の噂についてはどうですか?(笑)

もちひろ:それ、俺にする質問なの?(笑)えっと…いい成績を残して、たくさん写真を撮ってもらうことかな。たくさん撮ってもらえばいい写真もあるだろうし…あとは優勝すること(笑)

Karen:なるほど!もちひろさんと一緒に写真に写真撮ったらバナーになりそうですけど、写真に誘うのはOKですか?

もちひろ:もちろん!俺は自分を褒めてくれる人のこと、みんな好きだし、バッドビート食らわされても許せるくらい嬉しいよ(笑)ファンクラブ設立はあるわけないでしょ!誰が入るん!活動内容が訳分からんし(笑)りょうすけさんみたいに応援団になるのかな…あとは打ち上げで飲むとか?半年に1回とかの活動になりそうだけど。あ、男のファンが多いのも非常に嬉しいね(笑)





◀ファン待望のTwitterを開始。
今後の活動や入賞報告も楽しみ。

@m_tiimo





◆韓国のトロフィーを静岡へ!

Karen:最後に、今回獲得されたプロ契約の使い方ですが、既に決まっているようですね!

もちひろ:AOPT(アジアオープン)にすべてぶっこみます(笑)キックオフ、メイン、ハイローラーのエントリーに加えて、ホテルをParadise Cityにしてもらいました。どうせカジノとの往復しかしないので、近い方がいいかと(笑)直前だからかなり高かったですけど、まだWPT Japanのプロ契約もあるから、そっちも日本代表として頑張らないとですね。

Karen:さすがですね!では、ズバリ目標は?

もちひろ:インマネして現金化しようと思います(笑)以前JOPTで優勝した時のプロ契約で参加したマカオではインマネしましだが、韓国は相性が悪いのか、俺が弱いのか、インマネしたことがなくて…AOPTでインマネできなかったら韓国でのポーカーは引退かな(笑)

Karen:ぜひインマネ、更には優勝して、トロフィーを静岡に持ち帰ってください!ありがとうございました!




◀今までに獲得したトロフィーとメダルを前にキメ顔のもちひろさん。
ここにAOPTのトロフィーが加わる日も近い…!?


 








世界中のポーカープレイヤーと対戦してみませんか?ようこそPokerStarsへ!
http://pokerjoinus.com
Pokerstarsのトランスファーについてはこちら。
http://p-payment.com/

http://pokerguild.jp/tourneys
国内の最新ライブポーカートーナメント情報をお届けします。




Sengoku