interview_raschel

悲願の優勝!

Spadie season 7 優勝
ラッシェルさんインタビュー!!






・DAY1は順調、DAY2は苦戦。
Fukatsu:Spadie Final 優勝おめでとうございます!さっそくですが、優勝していかがですか?
ラッシェルさん:国内の大型トーナメントで勝つのは初めてで、とてもうれしいです!S-1 2018では3位と悔しい思いをしたのでその分もあいまって込みあげてくるものがありました。
Fukatsu:DAY1はカジノクエストでチップリーダー通過と順調に進んだように見えましたが、振り返ってみてどうですか?
ラッシェルさん:ブラインドが低いときにチップを多めに使ってリバーでショウダウンさせて情報収集をしました。もちろん、自分はマックして情報を出しませんでした。(笑)
情報を集めてみた感じでカジノクエストのプレイヤーはアグレッシブなプレイヤーが多いので参加するハンドを絞ることにしました。上位10%くらいのハンドを持っているときはどんどんポットを膨らませることにしました。AQsでオープンしたところ、一人コールが入って、ショートのプレイヤーがスクイーズオールインしてきました。
普段だと迷うことも多いですが、今回は相手がアグレッシブだったので4betオールインでコールした人をアイソレートしました。結果ショートのハンドがAJでそのままオールイン対決を制することができました。
もう一つ、フロップでセットを引いたときにわざとスロープレイをしてみたところ、相手はQQのオーバーペアでオールインをしてきました。100bbのポットが取れて、簡単にスタックが増えていきました。








Fukatsu:では、DAY1はうまくいったということですね。DAY2ではどうでしたか?
ラッシェルさん:強いプレイヤーしか残ってないということもありますが、無理をしてしまった後悔が残ります。
初めの方で最後のヘッズアップの相手のきゅうさんのKKにたいして88でオーバープレイをしてしまいました。そこで大きくチップを減らしてしまいましたが、KQ>88でダブルアップしたり、J9>AQでダブルアップしたりと厳しいオールイン対決を制して流れを戻すことができました。残り3テーブルからは、プレイヤーがタイトになったのか自分のハンドやボードが良かったのか、チップがどんどん増えていきました。
ヘッズアップも相手があまり慣れていないのかかなりタイトでした。最後の方は特にオールインをすることもなくスタックを増やすことができました。タイトプレイヤーに強いのかもしれません。




・Spadieの好きな所、嫌いな所
Fukatsu:ツイッターでプロフィールにポーカーが今のハマり物と書かれていますが、ポーカーを始めたきっかけは何ですか?
ラッシェルさん:もともと競馬やマージャンなどを趣味としていて、その時の友人にポーカーしようと誘われ、アキバギルドに5年前に初めていきました。アキバギルドは安く遊べるし、色々なプレイヤーが来るので初心者から上級者まで広く遊べる場所だと思います。そこでポーカーを知ったのですが、ポーカーは論理性があって、それでいて不完全情報ゲームで運の要素も多少あることがとても興味深いと思います。
Fukatsu:では、ポーカーに関してこだわりはありますか?
ラッシェルさん:フリーズアウトのトーナメントが好きですね。リエントリーやリバイがあるトーナメントはあまり好きではないです。リバイすればいいやというような考え方は好きではないですね、逃げ道を封じてポーカーがしたいです(笑)
あとは、9maxが好きです。じっくりハンドを待って戦うタイプなので弱いハンドでぶつかり合うSpadie Finalなどの6max系はあまり好きではないですね。もちろんトーナメントの最後では6max以下になることもしばしばですがそれでも、海外の標準である9maxが好きです。
Fukatsu:逆に、Spadieで好きなところはどこですか?
ラッシェルさん:デイリートーナメントの上位10%にチケットが配られるので入り口が広くていいな、と思います。8/30(水)にアキバギルドで祝勝トーナメントをやっていただける運びになったのですが、Spadie対象トーナメントなので、よかったら来てください。一緒にポーカーしましょう!
とまあ、こんな風に色々な所でSpadieは取れるので気軽さがいいところなのではないでしょうか。




・マカオでもラッシェルポーズを!
Fukatsu:今回のSpadie優勝のプロ契約内容は25000HKDのACOP(Asia championship of Poker) Warm-Upイベントのフルパッケージとなっています。優勝したら、ぬーぼーさんと同様に2000万円の賞金獲得ですね!夢がありますよね。
ラッシェルさん:ACOPにはいったことがないのですが、MPC(Macau Poker Cup)よりも厳しいテーブルだと聞きます。ティルトしないこと、ショートになってもあわてないこと、引かれても騒がないことという3つの自分の信条を守ってポーカーをして優勝に近づきたいと思っています。Mastersのプロ契約もまだ使っていませんがどちらかで賞金が取れればうれしいです。
Fukatsu:優勝したら、あのラッシェルポーズ見れますかね?(笑)
ラッシェルさん:いや、あれただのガッツポーズの変形なんですよ。(笑)ほむらさんが勝手に命名しただけです。でも身内で広まって認知されていくのはうれしいですね。
Fukatsu:では、ラッシェルポーズがマカオでも見れるよう、期待しています!
ラッシェルさん:頑張ります。ありがとうございました。









世界中のポーカープレイヤーと対戦してみませんか?ようこそPokerStarsへ!
http://pokerjoinus.com

Pokerstarsのトランスファーについてはこちら。
http://p-payment.com/

http://pokerguild.jp/tourneys
国内の最新ライブポーカートーナメント情報をお届けします。




World Poker Tour