interview_tawada
WPTN
MasakiTawada
タワダ マサキさん エジプト旅行時に入ったカジノのポーカールームで初めてポーカーと出会い、帰国後たまたま通りかかった 銀座addict(現在閉館)でテキサスホールデムを覚えた。 ポーカー歴3年になり、これまでに国内イベントや店舗イベントで数々の優勝を果たし、 海外トーナメントの入賞経験もあり、ファイナルテーブルへ進出する実力は十分にあるプレーヤーです。 現在、日本人獲得賞金ランキング119位(2012年4月26日時点)

主な戦績

2009年 アキバギルド チャンピオンシップ 優勝 不明

2011年 アキバギルド STEP3 season 1 優勝 
Macau Poker Cup招待プレーヤー

2011年 アキバギルド STEP3 season 2 優勝 
Macau Poker Cup招待プレーヤー

2011年 MPC(Macau Poker Cup) 20位入賞 $5,203

2012年 Spring Festival Poker Championship 優勝 
Macau Poker Cup招待プレーヤー

次回で4度目のエントリーとなるAJPCで本戦進出を目指すとともに、マカオで1年振りのインマネ(In the Money)を獲得する為にポーカーを研究する日々を過ごしている。 店舗トーナメント・国内トーナメントの実績は十分で海外トーナメントでどこまで順位を伸ばせるか期待できるプレーヤーです。

S-1 優勝インタビュー
WPTN
WPTN

Spring Festival Poker Championshipで優勝したタワダ マサキさんにインタビュー 2012年4月8日アキバギルドで行われた、Spring Festival Poker Championshipで、 見事優勝を果たしMPC(Macau Poker Cup)日本代表プレーヤーに選出されたタワダ マサキさんに感想や、 初心者へアドバイスなどについて聞いた。

 

-- 先日のS−1優勝おめでとうございます。189人のプレーヤーの頂点に立った感想は --
ありがとうございます。今まで国内のイベントでは40〜50人規模のトーナメントしか勝ったことがなくてあの規模で勝てたことは自信につながります。今回のS-1に参加していたプレーヤーはアグレッシブで巧い方が多かったので、そこで勝てたことは嬉しいです。 S-1は中盤から後半にかけてスタックアベレージが、常に20BBくらいの緩やかなストラクチャーで プリフロップで仕方なくオールインするような展開にはなりませんでしたし、オールインになったとしても フロップを見てからで、コインフリップの少ないトーナメントで、勝てたことによって得れるものが多かったです。

 

-- 国内イベントでは珍しく2日間のイベントでしたが戦い方の違いはありましたか -- 
もともと序盤の戦い方は得意なんですが、先に述べたストラクチャーが自分に合っていたようで、中盤以降も序盤と同じようなハンドレンジで戦うことが出来ました。 スタック2万点持ちスタートということもあり、プリフロップでの戦い方も違いますね。アクションを増やしてもコミットしませんし、ターン・リバーまで見に行けて、アグレッシブに攻めることが可能ですね。 アグレッシブと言っても、自分からオールインを仕掛けることを避け、リレイズ、リ・リレイズとアクションで相手を削っていくプレーができました。

 

-- S−1で特に印象に残ったゲームはありますか -- 
day2でフラッシュ対トップヒットでフロップオールインになったゲームですね。 アーリーポジションから45sでレイズで入り、ポジションのある相手プレーヤーがコールでヘッズアップになり、 フロップ Js・8s・2s ボードでフラッシュが完成していましたが、相手は非常に巧いプレーヤーだったので 自分が完成していることを悟らせないために、敢えて自分から弱く打ちました。 相手のプレーヤーはベットの弱さを感じ取ってくれて、レイズしてきたので、私は時間を掛けて低めにリレイズしたところ、オールインされたのでコールしました。 私はフラッシュドローの素振りを見せようとしたところ、全てが思い通りになった1ゲームでした。

 

 

-- 海外のトーナメントの入賞経験もありますが、Day2イベントは似てましたか --
参加人数や持ちチップ量が多く、ストラクチャーが緩い点は似てましたし、 違う点は海外トーナメントとはインマネの幅が違うので、バブル間近の緊張感ははやり海外の方が上ですね。 今回のS-1ではなぜか Day1 終盤に海外でのインマネ間近のような緊迫感があって不思議でした(笑) 海外のトーナメントの場合、まずは飛ばないことですね。海外のトーナメントの場合、まずは飛ばないことが大事だと思います。トーナメント自体が長いので、チップリーダーになったとしても、それを維持することが、難しいんですね。 だから常にアベレージを超えていることを意識しています。 あと、海外のプレーヤーと日本人プレーヤーはプレータイプが異なります。 それにどう対応するかと、自分が勝っていると想定されるハンドで的確に、リレイズが出来ているプレーヤーが少ないので、アクションをもっと増やしてプレーすることが大切だと思います。 性格や考え方はそれぞれですので、プレースタイルは変える必要はありませんが、アクションを増やし 相手のアクションに対して受け身にまわらない事が、日本人の課題と考えてます。 それから、ポットを無理に大きくし過ぎないこと。 ポットを膨らませてしまうと、どうしてもコミットという状況になってしまい、負けていてもオールインせざるを得ない 状況が生まれます。 お互いオールインせずに、させずに、ターン、リバーまで見て、コインフリップにならないポーカーを心がけています。


-- 海外でも経験を積まれ着実に実績を残しているまさきさんはいつもどこでポーカーをされてますか --
アキバギルドがほとんどです。他店と比較するとデイリーで開催されているトーナメントでもストラクチャーが長いし 集まる人数も多いし、ロングトーナメントに向けての良い練習の場所になってます。

 

-- ポーカーを覚えた時期と比較して競技人口が増えてることを感じますか --  
トーナメント数が増えてるので、プレーヤーが増えてるのだろうとは感じます。 以前はMPC公式予選がアキバギルドで年に数回開催されているくらいで、海外へ挑戦するチャンスが少なかったですが、現在ではJPT(Japan Poker Tour)S-1(Spring Festival Poker Championship)やN-1(Ultimate Poker Championship)等、様々なトーナメントがあり、海外へ挑戦するチャンスが非常に増えたと思います。 3年前と比べるとプレーヤーにとっては本当にありがたい環境になりましたし、競技人口が増えれば、ポーカー界全体がもっと盛り上がると思います。

 

-- 初心者だった頃と今では何が変わりましたか? --  
もともとアグレッシブなスタイルで、チップをたくさん増やせるけど、無くなるのも早かったんですね。 運が良ければ勝てたりするのですが、すぐに飛んでしまうことが多かったです。 そんなことを何度か繰り返して、なぜ飛んでしまうかを考えるとポッドを大きくし過ぎていたし、 過剰なベットが多く、必要がないのに大きめのベットをしていたのが原因かと気付けました。 それからは相手が、プレッシャーを受ける必要最低限のベットができるようになり、 小さく負けて大きく勝つという場面が増えた結果、成績が安定したのだと感じてます。

 

-- 覚え始めたビギナーの方に何かアドバイスをお願いします --  
ポーカーの醍醐味は相手のハンドを読むことにあると思っています。確かにオールインやコインフリップは スリリングではありますが、相手のハンドを読み切った時や心理戦に勝った時の快感を是非とも味わってほしいです。 初心者の方には初めは難しいかも知れませんが、そこを意識して経験を重ねることで上達すると思います。 ある程度のハンド数をこなしている人たちも継続することで、いつかは優勝や入賞できます。 ポーカーは運の要素も大いに含んでいるので、諦めずにポーカーを続けて欲しいです。 なかなか結果が出なかったけど、諦めずに何度も挑戦し、ギルドSTEP3に優勝した タグチさんの姿勢を見習っていただきたいです。 そして、運の要素に左右されない、安定した結果をさせるような打ち方を覚えて欲しいです。

-- AJPCには出場されますか --
はい、AJPCのオンライン予選を数回プレイしてますし、すでにAJPCライブ予選のエントリーも済ませました。 年に1度のお祭りのようなものなので、楽しめれば良いのですが、 初めて出場した時以来、本戦まで残れていないので、今年は本戦まで残れるよう頑張ります。

 

-- あなたにとってAJPCはどんなトーナメントですか--  
AJPCは誰でも参加できて、巧い人も初心者の方も参加する大会で予選のストラクチャーが厳しいので コインフリップが多いトーナメントという印象が強いです。 それに比べるとJapan Poker Tourは本当にポーカーを知ってる人ばかりが集まり、 各地でサテライトに勝った人しか来ないので、レベルが高いですね。 そして、全国からプレーヤーが集まる決勝は普段、一緒にテーブルを囲めないプレーヤーと 戦えることは勉強になるし、気合も入ります。

-- レッドドラゴンに向けて抱負をお願いします --  
かれこれ1年程、インマネしてないので最低でもインマネはしたいですが、 やはりDay3のファイナルまで残ることを目標として出場します。

 

-- あなたの今後の目標は? --
ラスベガスのトーナメントに出場して、まずはインマネしたいです。 結果を残すことにより、見える世界は違うと思います。 私も多くの諸先輩からアドバイスを受けたり、学んだりしてきましたので これからポーカーを始める方や、始めたばかりの方に何かしらアドバイスをし、 多くの人にポーカーを楽しんでもらいたいですね。

 

-- それでは、最後に一言 --  
本物のポーカーぷれいやーをなめないでいただきたい

 

インタビュー:カツマ(Poker Japan)



World Poker Tour